「わかりやすい文章を書く全技術100」 大久保進

読んだ本の感想


こんにちは「れびゅー」です

最近にわかに人に読んでもらう為の文章を書き始めた訳ですが、自分自身で推敲(すいこう)しても、自分の頭の中ではわかっているので「果たして読みにくかったりしないだろうか」と思うようになりまして。

そこで目についたのが本書です。読み進めていくと、「いやーさすがにそれはわかってるよー」とか、基本的な事柄の解説も多いのですが、だからと言って自身がきちんと出来ているかは別問題。というか出来ているか気にした事がなかったんですからね。



僕もまだひととおり読んだだけなので、正直自分の血肉になっているとは言えない状態です。ですが、何か文章を書く際には確認書というか辞書というか、そんな感じで何度も読み返して自分の文章が大丈夫かどうか確かめながら書いて行きたいと思います。

まぁ、こういった感想文のように「自分の感じた事をだらだらと書き連ねる文章」と「仕事などで事実のみを簡潔に連絡する文章」ではまた違ってきたりもすると思いますが、そんな時も本書を活用して、その環境に合った文章が書けているか気にするようにするだけでも進歩すると思うんです。

そんな訳で、「文章力に自信のある方」も「どうも君の文章はわかりにくいねと言われがちな方」も、一度本書を手に取ってじっくりと読んでみると新たな発見があるかもしれませんよ。





読んだ本の感想

Posted by れびゅー