「英会話・ぜったい・音読 【続・入門編】 (CDブック)」 國弘 正雄

学習・教養


こんにちは、「れびゅー」です

今回は「学習とか教養」関連の本です。みなさま英語って話せます?僕は話せません!w

英語は話せないけど、英語のコンテンツで面白いモノたくさんありますよね?なので、僕はせめて聞き取れるようになりたいなぁと思ったのが本書を手に取ったきっかけであります。

字幕などで見ていると、「あれ?すごい端折って翻訳してるな」とか、逆に「英語で言ってない事を日本語で付け足してあるな」とか、結構あるんですよね。なので、最終的には英語は英語のまま理解できるようになりたいのです。

で、本書のタイトルを見ると「音読」って書いてあります。英語って「音」の言語なんですって。自分で発せられない「音」は「聞き取れない」んだそうです。

あ、そうなんだ。じゃあ発せられるようになるにはどうしたらいいの?って事で調べたところ、どうやら声を出して読む「音読」が効果バツグンらしいと。よしじゃあやってみよう!って事で本書を購入して使用してます。

実際やってみると、ほんとに「言えない」んですよねこれが。「口から出ない」んですw



ネイティブが発声している文章を聞く→ページを読みながらまた聞く→黙読する→CDに合わせて口に出す→CDなしで口に出して読む

これの繰り返しなんですが、これ、すごく効果あります。たしかに言えないと聞きとれないんです。本書をもし買ったら、何も考えずにひたすら繰り返すのが王道かと思います。途中、どうしても上手く言えない所など出てくるのですが、気にしない。ひたすら繰り返す。

さらにフォニックスといって、アルファベットには全て音があるのですが、それも平行して毎日練習すると効果が高いです。上手く言えない単語などがだんだん言えるようになってくる。

映画などを見ていて、例えば「なら証明してみせろ!」という訳になるセリフはその映画の中ではニヤリとした顔で「prove it!」字幕や吹き替えではなく、そのままの英語でわかった方がそのシーンをとても楽しめます。

もし僕と同じように、「聞き取れて、ある程度意味をわかりたい」くらいの方は「英語音読」やってみるとなかなか楽しいですよ。

あ、「続・入門編」とありますがこちらのほうが出版が新しいだけで「入門編」と内容は同じです。もし購入するなら「続」を買いましょう。





学習・教養

Posted by れびゅー