「英文法のトリセツ—英語負け組を救う丁寧な取扱説明書 じっくり基礎編」 阿川 イチロヲ

学習・教養


こんにちは、「れびゅー」です。

昨日は英語音読のCDブックを紹介したのですが、今日は英語つながりという事で僕が手に取った英文法の本をレビューしてみたいと思います。

やっぱりいずれは「べらべら英語を話したい」という事で、まずは本当の初歩の初歩からやりなおしですw

ちなみに皆さん、「aとtheの違い」とか「複数形のsを付けるルール」ってキチンと解ります?僕は解りませんでしたw。本書は、そんな「中学高校人によっては大学で英語を学んだハズなのに」上記のような初歩的な事も覚えてない、又はもともと解ってなかった、な方にこそ超おすすめです。



だいたい僕なんか「be動詞」すら怪しかったですからね、本書を読むまでは。で、なんで文法を初歩から覚えようと思ったかというと、音読で「言える、発音できる、聞き取れる」ように練習していますが、それらがそこそこ出来るようになってきたら、自分で言いたい事を組み立てて言ってみたいじゃないですか?

その為には英語の文章を組み立てる時のルールを知らないとダメだなーと思った訳です。音読と合わせて文法(英語のルール)を覚えて、次のステップは言いたい事を組み立てて合ってるか確かめて、実際に自分の口に出して見る。これをたくさん繰り返したらいずれは街を歩いている英語圏の人に話しかけて、実際に会話のキャッチボールが出来るようになりたいと思ってます。

「人生ドラクエ化マニュアル」的にいうと、「目的」英語で楽しく知らない人とお話する、「敵」馬鹿にしてくる人達や恥ずかしいしどうせできないと思う自分、「ルール」寿命という限られた時間。

もしこの記事を読んで英会話に興味が出てきたら、ちょろっと読んでみると面白いかもしれませんよ。ちなみに僕は紙の本で本書を読みました。




書評・レビューランキング



学習・教養

Posted by れびゅー