「ビジネス実務法務検定試験3級」 合格通知が出てきた

資格


こんにちは「れびゅー」です。

いつの間にか溜まってしまう「妖怪郵便物」。

いらない郵便物やお知らせや封筒に入った何か紙のモノ、を整理すべく引っ張り出して来て要らないのはハサミでちょきちょきしてた所、以前合格した「ビジネス実務法務検定3級」の合格通知が出てきました。

ビジネス実務法務3級合格証



なんでその他もろもろの郵便物や封筒類とごっちゃになってかといいますと、「3級なので額に入れて飾っとく程のもんじゃない」という認識だったんだと思います。ちなみに「宅地建物取引士」と「ファイナンシャルプランニング2級技能士」の合格証はちゃんと額に入ってますw国家資格ですからねw

で、ビジネス実務法務って何?って事でだいたい試験には以下のような事が出されます。

・ビジネス実務法務の法体系
・企業取引の法務
・債権の管理と回収
・企業財産の管理と法律
・企業活動に関する法規制
・企業と会社のしくみ
・企業と従業員の関係
・ビジネスに関連する家族法

箇条書きでこうやって書き出すと、なにやら「難しそう」な感じがしますが、3級なのでテキストちょこちょこっと読み込めば合格ラインである7割正解には充分届きます。僕はせっかく知りたくて勉強するのだからとしつこくやりましたけどねw

先ほども言いましたが3級ですしこの資格を取ったからといって特段就職に有利とか食えるようになるとかってのはまーありません。ただ、「知っておいたほうがいい」事がもりだくさん。

特に「契約」に関する事。「みかんをひとつくださいな」「ひとつ100円で売りましょう」「おk」これりっぱな契約です。「一方当事者の申込みの意思表示に対し,他方当事者の承諾の意思表示によって成立する法律行為」これが契約の要件です。

日常においても契約ってのは結構発生しています。でも、学生時代はおろかいわゆる「社会人」大人になってもだーれも教えてくれないんです、「契約」という法律行為の事。今回思い立ってこの記事を書いてみたのは、もっともっと自分を取り巻く法律の事について「自分から知りに行く」事をおすすめしたいのです。

本をわざわざ買って勉強してなんらか資格を取りなさい、というのを強く推奨する訳ではないんですが、「ほんとう、知っていて損は無い」んです。昨今話題になりがちな「ブラックバイト」なんかでも、搾取されるままに我慢して結構な事件になってから明るみに出る事が多かったりしますが、ブラックバイトに勤める子供が親に「うちのバイト先有休くれないんだよね」と相談する→話を聞いた親が「有休の発生要件をしっている」→「おし、要件満たしてるから書面で請求してやるわ」って事がさらっと出来るんですよね「知っていれば」。

んーいろんな事書いてるとまとまらなくなってくるなw、まー最終的に何が言いたいのかってーと、「知っていれば不利益を被る事が減る」って事につきますかね。こういった資格のテキストを「勉強」すんじゃなくて「読み物」としてテキトーに読むのもなかなか為になりますよってお話しでしたw

あ、そういえば2017年7月2日に第41回試験が開催されるみたいですね。受験される方は頑張ってくださいまし。←(お前は頑張って2級取れ)笑




書評・レビューランキング

資格

Posted by れびゅー