「世界一おもしろい日本神話の物語」 鳥遊 まき (著)

読んだ本の感想



こんにちは「れびゅー」です。

読み物や漫画やゲームなど、今や色々な作品に登場する「日本神話やその神々」。かくいう僕も、メガテン(知らない人はごめんなさい)シリーズが大好きなので「スサノヲ」と言われればメガテンシリーズの絵柄でイメージが浮かびます。

しかし、日本神話どれだけ知ってる?と言われると、実はしっかり読んだ事がない。なんとなーく、「スサノヲは乱暴者でヤマタノオロチを退治した」くらいの認識でした。利用を始めたAudibleで次に読む(聴く)作品を探していたところ、本書のタイトルが目に止まったので、「よし、この機会に日本神話しっかり読んで(聴いて)みるか」と思い手に取りました。

読み始めてみると、これがまぁ「そうだったのか!!」のオンパレード。泉津醜女(ヨモツシコメ)が、死んで黄泉の国に行ったイザナミの侍女的存在で、イザナミを探しに来て腐ったイザナミを見てビビッて逃げようとするイザナギを追い立てる追っ手として登場するなんて初めて知りました。


先にも述べたように僕はメガテニストなのでシコメも当然メガテンの3Dモデルで再生されますので、あんなおっかねぇ顔でわらわら追いかけられたら漏らすわ!wなどと思いながら読み進めて(聴き進めて)行きます。いやーすでに面白いぞ日本神話。

もしかしたら「日本神話」のイメージとして、「厳粛で小難しい感じ」と漠然と感じている方も多いかと思いますが(僕もそうでした)、これがなかなかどうして結構エログロなんです。人によっては強い嫌悪感を抱くかもしれない表現がわりと多いのでもし読む際は要注意です。

しっかり読んだ事がなければ、「ヒノカグツチを産んだイザナミが、産んだせいで糞尿垂れ流しで死んでしまい、その糞尿すらからも国土が産まれて行く」なんてお話だなんて露とも思ってなかったんですもん。でも逆に、その生々しい表現だからこそ面白い。子供産んだ方や子供育てた経験のある方ならおわかりになると思うのですが、人間の営みなんて綺麗な事だけじゃ済まない事が沢山ありますもんね。そんなリアルさが日本神話の面白さの一端を担っていると僕は思います。

本書は、活字で読む分には購入しないと読めませんが、Audible体験期間でしたら無料で聴けますので、僕と同じように興味は多分にあったけど、日本神話をきちんと読んだ事が無いって方はこの機会に是非聴いてみる事をおすすめします。んーしかし、一通り聴いた今、活字でもじっくり読みたいなーこれ。読んでイメージされる事を頭ん中で楽しむ的な意味で。どうすっかなー買うかなー迷うなー。

あ、そういえば「天照(アマテラス)」って言葉はサスケの「アマテラス!!しゅきーん」って奴で再生されつつFSSの天照のイメージも同時に出てくるもんだから自分の頭の中がすこーしうっとうしかったです笑





 


読んだ本の感想

Posted by れびゅー